アルコールの摂取はこむら返りを引き起こす原因になる?

こむら返りの原因は様々なものがありますが、その中でも気を付けたいのがアルコール摂取によるこむら返りです。今回はアルコールとこむら返りの関係についてご紹介します。

 

アルコール摂取で何故こむら返りが起こる?

 

一定量の飲酒をすると、体内のアルコールを排出しようと体が働きます。アルコール排出は利尿作用という形で出ますが、このときに血液中の水分も一緒に排出されてしまいます。血液中の水分が排出されてしまうと、筋肉が硬くなってしまい、こむら返りが起こりやすくなってしまうのです。

 

またアルコールの過剰摂取は肝臓に負担をかけてしまい、肝臓機能の低下を招きます。肝臓は体の様々な働きを司る重要な器官で、機能が低下すると様々な健康被害を招きます。こむら返りもその一つで、肝臓機能の低下と共にこむら返りが起こりやすい体となってしまうのです。こむら返りは一度起こると癖になってしまう可能性があるので、アルコール摂取によるこむら返りは起こる前に予防することが必要です。

 

アルコール摂取によるこむら返りを防ぐには

 

アルコール摂取によるこむら返りは、血液中の水分不足が原因となり起こります。これを予防するには、飲酒中と飲酒後にたくさん水を飲んで、体内の水分補給を行いましょう。こむら返りを予防するのに効果的な成分として、ミネラルが挙げられます。ミネラル入りの水やスポーツドリンクを飲むと更に効果的です。ただしスポーツドリンクは糖分が少ないものを選びましょう。