こむら返りに良いサプリあるの?

起こったら痛みが過ぎ去るまで待つしかない、こむら返り。寝ているときに起こることも多く、繰り返すのはとてもツラいですね。そんなこむら返りの原因は、運動不足、水分やミネラルの不足といわれます。

 

体の循環が悪いときにも起こりやすく、巡りUPが大切。カルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg)といったミネラル、ショウガなどの巡りUP成分がいいですよ。当サイトでは、こむら返りを繰り返す方にオススメの、こむら返りサプリをご紹介しています。運動は苦手、好き嫌いが多い、など自分で改善しにくい方はぜひチェックしてみて下さい。

 

こむらくだの特徴

ミネラルと巡りUP、両方を一緒に摂れるこむら返りサプリです。不足しがちなCaやMgを、働きのよい2:1のバランスで含有するドロマイトを使用。また、じわじわ全身の巡りをよくして栄養の吸収率もUPする、ヒハツや金時ショウガを配合しています。巡りがよくなるので、むくみの解消にも。1日めやす5粒。ぐっすり眠れた、運動しても大丈夫、などの嬉しい声が。期間限定、らくらく実感コース、特別キャンペーン価格は初回980円(税別)。

価格 980円
評価 評価5
備考 ドロマイト(Ca・Mg)・ヒハツ・金時ショウガ配合

 

コムラナイトの特徴

不足しがちなミネラルを手軽に摂れるこむら返りサプリです。食事で摂り続けることが難しい、CaとMgを2:1のベストバランスで手軽に摂れます。さらに、ビタミンやクエン酸をプラスして、体の元気をサポート。1日めやす8粒ですが、ラムネ味で飲みやすくなっています。快眠できるようになった、天然ミネラルで安心との声が。毎月ぐっすり安楽コース、初回特別価格1,980円(税別)。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 Ca・Mg・ビタミン・クエン酸

 

牡蠣美人の特徴

牡蠣の栄養を女性にも摂りやすくしたサプリです。苦手な人にも飲みやすく、牡蠣のパワーをサプリにしています。ミネラルたっぷりなので、こむら返り改善に嬉しいカルシウム・マグネシウムも豊富に含有しています。ビタミン類も豊富で元気UPもサポート。さらに高麗人参をプラスして、サポニンも。1日めやす1粒を水などと一緒に飲むだけ。毎月500名様限定キャンペーン、初回定期コースは980円(税別)。

価格 980円
評価 評価3
備考 Ca・Mg・ビタミン

 

こむら返りとは?色々な種類がある?

 

こむら返りと一口に言っても、その原因や箇所、生じるタイミング、痛みの程度も違うので、対策もそれだけ多岐に渡ります。

 

時には歩けないほどのこむら返りになることもあるようです。外出することもできない、動けない。そういう場合は非常に困ったことになります。

 

特に、外出時にこむら返りが起こると最悪です。そうしたことに見舞われてしまったら、できるだけ早く座れる場所、またはもたれることができる場所を探して移動しましょう。とはいえすぐには動けないので、まずはゆっくり筋肉を伸ばしてからです。そして、少し安静にして、ゆっくり少しずつ動かしてから次の動きを考えましょう。

 

こむら返りには程度があり、軽度のものはすぐに回復して問題なくその後も生活できますが、重度のものは数日痛みが残ったり、繰り返されることもあるようです。その場合には生活のいろんな面で支障が出ることは避けられません。

 

何が原因でこむら返りが起こっているのかがわかれば、こういった重度の場合でも対処することが可能です。栄養の問題なのか、血行の問題なのか、筋肉の疲労の問題なのか、原因に合った対応をすることで回復を早め、痛みを緩和することが可能です。

 

こむら返りには後遺症も実はあります。たとえば筋肉痛。これがイヤで運動不足になり、そのためにまたこむら返りが起こる、そういうこともよくあります。

 

いろんなこむら返りがありますが、最も気をつけるべきは糖尿病や動脈硬化などの影響によって起こっている場合で、これは自分では見つけるのが難しいですから、気になる症状があれば早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

 

こむら返りの原因は?

 

こむら返りの原因の多くは日常生活にあると言われています。寝ているときや運動をしている時に多いこむら返りですが、そうした姿勢や運動の状態が問題というよりは、生活の中で筋肉に疲労がたまったり栄養不足になっていることで生じます。

 

ある実験の結果では、「冷え」「脱水」「運動」の三つの条件をそろえて、足を吊りやすい姿勢をとらせたところ被験者のほぼ全員がこむら返りを起こしたそうです。つまり、この三つの条件に気をつけなければならないということになります。

 

冷えや脱水症状は、血液の流れを鈍化させてしまい、それによって筋肉に必要な栄養や電解質が十分に届かなくなり、電解質のバランスが崩れてこむら返りを引き起こすようになります。電解質とはいわゆるミネラルで、カルシウムやカリウム、マグネシウム、ナトリウムなどです。大量の発汗で失われますし、尿と一緒に排出されやすいので注意が必要です。

 

そして筋肉疲労が過度になると、筋肉の収縮と弛緩の調整が上手くできなくなっていきます。そのため、緊張状態が強くなるとこむら返りを起こします。運動不足の人は筋肉が疲労しやすいため、こむら返りを起こしやすくなります。他にも、体が緊張した状態で運動をするとより強い筋肉疲労を感じるそうです。スポーツをする人であれば、試合本番は練習よりもずっと疲れると感じるのではないでしょうか。

 

その他、糖尿病や腎不全・肝硬変・脊柱管狭窄症といった病気の症状として生じることもありますので、上記の原因に当てはまらないときは通院しての検査も考えましょう。

 

カルシウム・マグネシウムなどのミネラルの不足

 

こむら返りの対策として最も簡単で有効なのは、食べ物でしっかりとミネラルを補給するという方法です。

 

ミネラル分の不足によって神経系に異常が生じ、過度に収縮した筋肉が元に戻せずに痙攣を起こしてしまうのがこむら返りです。

 

ですから、必要なミネラル、特にカルシウムとマグネシウムをバランス良く摂取することはこむら返りの予防に大きな効果があります。特に大量の汗をかくときにはミネラル分は水分と一緒に汗から流出しますから、スポーツドリンクなどでこまめに補給しておきましょう。

 

マグネシウムは筋肉の痙攣するのを防ぎ、神経が昂ぶりを抑制する効果があり、こむら返りのように神経の異常によって筋肉の収縮に問題のある症状を抑えるために必要な成分となります。

 

マグネシウムを効率よく摂取ことができる食品は、ナッツ類や海藻、玄米、大豆、ゴマなどが挙げられます。大豆やゴマにはカルシウムも含まれていますから、体の調子を整える上でも効果的です。

 

他の栄養のバランスも考えると、出来ればサプリメントよりも食品を通して摂取するのが好ましいと言えるでしょう。

 

他にも、筋肉の疲労回復に有効で神経の伝達機能を正常化させる効果が期待できるビタミンB1を摂取するのも間接的には有効になります。ビタミンB1を摂取したい人は豚肉を食べるのが最もオススメです。

 

現代人には栄養不足といわれてもピンと来ませんが、実際にはカロリーは十分だが栄養は不十分という状況が多くあり、質の食糧危機は世界中で起こっていると言われています。カロリーだけでなく健康な生活に必要な栄養をしっかり補給しましょう。

 

血液中の水分不足

 

こむら返りの原因のひとつに血液中の水分不足が挙げられます。この場合は血液中の電解質のバランスが崩れてしまっている状況が起こりやすいからと考えられます。

 

水分不足はそうそうなるものではないと考えられがちですが、夏場など汗を大量にかくような季節であったり、激しい運動を行った後や、発熱時、下痢、などの際には注意しなければならないと言えます。こうした水分不足による体調不良は意外と多いものなのです。

 

また、アルコールの飲み過ぎは、体内の水分がアルコールの分解のために消費されてしまいますから、同じような状況を生み出しやすいのです。

 

その他にも、コーヒーやお茶に含まれるカフェインは利尿作用が強く、水分を摂取しているつもりが差し引くとマイナスになることも少なくありません。また、一部のミネラルの吸収を妨げる成分が入っていることもあるので、ミネラルバランスの観点からはあまりオススメできません。

 

こむら返りを防ぐには、電解質を含む食べ物や飲み物で水分補給をすることが有効と考えられます。水分と電解質の両方を一度に摂取することができるからです。

 

代表的なものがスポーツドリンクです。もちろん、塩を溶かした水などでも良いのですが、それだけではバランスが悪かったり、塩分過多になるなど別の問題が生じます。野菜ジュースや果物ジュースも効果的ではありますが、ちょっと準備が大変かもしれませんし、市販の物の多くは糖分の多いものが多く、カロリーも気になります。

 

こむら返りしたときの対処法

 

こむら返りが起こったときには、我慢するのもひとつの方法ですが、正しい応急処置を知っているとすぐにおさまったり、痛みを緩和することができます。

 

そのための方法としては、ふくらはぎを伸ばす、温めてマッサージする、などの方法が代表的ですが、どうしてこのようにするのでしょうか。

 

こむら返りというのは筋肉が異常に収縮をつづけている状態ですので、これを伸ばして緩和させないと正常な状態に戻ることができません。また、収縮が続いた状態を放置していると筋肉が縮こまったままで硬くなってしまい、痛みが消えずに残ってしまうことになるのです。

 

夜中にこむら返りで起きることになって、ガマンしているうちに治まって再び寝たところ、再度こむら返りに襲われてしまったり、翌朝にも筋肉の痛みが残っているというのは、こうした筋肉の硬直が原因になります。

 

ですから、こむら返りは応急処置を行っておくのこしたことは無いのです。応急処置の際には縮んだ筋肉をしっかり伸ばすことがまず必要ですが、この時に、膝と足首の両方からアプローチをするのが大事です。

 

まず、足をまっすぐ伸ばすこと。そして膝を下にし、足首は直角に立てるようにします。こうすることでふくらはぎがしっかり伸びるようになります。壁などに足首を押し付けるようにすると理想的です。

 

こむら返りが起こっているにも関わらず、そのまま歩行をしようとすると、肉離れなど別のトラブルが生じることもありますから、まずは応急処置をきちんと行ってから次の動きを決定するようにしましょう。

 

こむら返りの予防法

 

こむら返りはなかなか改善が難しいです。というのは、予告があって出るというよりも突発的に起こるため、自分がこむら返りを起こすなどとは普段考えないからです。

 

こむら返りの対策のひとつは、血行を促進することで、血行を促進することで疲労物質を分解したり、また筋肉や神経に必要な栄養を補給することができるようになり、それがこむら返りを抑制します。

 

そのためには、入浴も効果的な方法です。冷えをとって血行を促すことによってこむら返りが生じるリスクを小さくできます。これはシャワーだけよりもしっかり湯船に入って芯から体を温めることが大事です。リラックス効果もあるので、筋肉が弛緩されるのも予防のためには効果的です。

 

また、マッサージやツボ押しも効果があります。マッサージはふくらはぎなど、特に足を中心に行うのが良いでしょう。というのは、下半身の血行は特に詰まりやすく、その下半身の血行の中心を担っているのがふくらはぎです。ここがポンプの役割をして足から上半身へと血液を押し上げています。逆に言えば、ここの調子が悪くなることで血液が滞って栄養は不足しやすくなり、ふくらはぎや足の裏、足の指といった部分がつるようになるのです。

 

ツボ押しの効果を高めるものとして、お灸をすえるというのも良いでしょう。お灸は少し熱そうで敬遠する人もいるかもしれませんが、やってみるとそこまで痛みや熱さを感じることはありません。自分では難しい部分もありますが、できる範囲で試してみるのも良いでしょう。最近は火を使わないでいい安全タイプもあるようです。